上海ディズニーランドで思ったこと

新ブログ二回目だがいきなり違う話をする。
ツイッターでも言ったことだが

上海ディズニーランドの中国人のマナーがひどいらしい。                                                                   検索してみたらマナーの悪さが多く出てきた。
他にもテレビでもやっていて、そこの写っていたのは、パレードを見るために、街灯やごみ箱に登ったりしている。
注意されても一秒もたたずにまた登り始め、結局すぐに注意する前と変わらなくなってしまった。

他にも、ゴミをいたるところに捨てたり、喫煙所ではないところでタバコを吸って、吸殻をその辺に捨てたり、明らかにマナー違反な行為をしている。

まぁ、国によってそういうのが違うのはわかっていたが、さすがにここまではやりすぎと思った。

ディズニー側もルールを徹底しているため、このまま中国人の方たちが、落書きや放尿などをすると、ルールがどんどん厳しくなり、「夢の国」が「束縛の国」になる日も近いと思った。

しかしディズニー側もひどい。
料理は普通の店で買うより高いうえにまずく、入場するときには、身分証をチェックする機械があるのだが、米国産の英語表記だったため、チェックに時間がかかり二時間待たされたそうだ。採用されたばかりのスタッフに英語表記に機械を使わせるのはどうかと思う。
そもそも、スタッフがほとんど中国人のため、飯がまずかったりするのは普通だと思った。

オープンする前は、こうなることは多少想定内だったが、ここまでやるとは思っていなかった。

中国は今後素養教育を充実させるべきだと思った。                 

コメント

このブログの人気の投稿